調理師を最短で目指すためのカリキュラム|お菓子と料理作り

男の人と女の人

技術と知識の同時学習

コック

調理師専門学校は様々なジャンルの料理を高い技術を持った先生から学ぶことができます。料理は西洋料理と日本料理、中華料理の3つに分かれていますが、各分野に特化した講師が授業をすることで、ハイレベルな調理技術を身に付けることができるのです。1つの分野に偏らず、3つのジャンルをバランス良く平行して学ぶことで調理師に必要な技術を身に付けるだけでなく、広い視野を養うことができ、料理において重要な発想力を育てることができます。料理をつくるにあたってなぜ美味しいのかという明確な理由を知っていないと、美味しい料理を仕上げるのは難しいといえます。調理師専門学校では調理の技術を教えるだけでなく、調理理論や食品衛生、栄養学などの知識の習得にも力をいれているのです。
学んだ知識をすぐに実習の授業で活かせるのは大きな強みだといえるでしょう。そのような実践の場が多ければ理解も深まり、生徒のモチベーションアップにも繋がります。技術の授業においては包丁の使い方から始まり、事前の仕込みや各ジャンルの調理方法、そして仕上げや盛り付けまでを一貫して行っていきます。そのような授業を繰り返し行うことで立派な調理を育てていくのです。また、担任だけでなく副担任も生徒を見守るのできめ細やかなフォローが可能となります。授業外でも料理に関する質問や相談がしやすい環境となっているのです。卒業後の就職先も多く22000件を超える求人の中から自分のキャリアを選択することができます。

お菓子作りを学べる学校

スイーツ

将来的にパティシエやケーキ屋さんなどのお菓子作りに携わりたいと考えている人は多いでしょう。本格にお菓子作りを勉強したいと考える場合は製菓専門学校に進学するのが最適な手段です。

詳しく見る

学校でお菓子作りを体験

パティシエ

お菓子作りを製菓専門学校で勉強したいと考える場合はオープンスクールに参加してみるのが最適です。そうすれば学校の雰囲気やお菓子作りの楽しさを身をもって体験することができるからです。

詳しく見る

様々な料理を学ぶ

ケーキ

調理師専門学校のメリットはなんといっても1年という短い期間で調理師免許を取得できる点にあります。その他にも和食と洋食、中華料理の各ジャンルをバランスよく学べるのが大きな強みです。

詳しく見る